データ取出しできない!これって故障?修理が必要?

一時的な不調なら再起動で直ることもある

iPhoneを使っていて内部のデータを取り出そうと思った時に急に取り出せなくなるケースがありますが、これらは一時的な内部記憶媒体の読み込み不良であることも多く、再起動するだけできちんと認識できることもありますからまずは電源をオフにして再起動するのが良いでしょう。それでも治らなかった場合には何らかの原因によってiPhoneが故障している可能性もあるので、専門店などに行って修理依頼をしましょう。iPhoneの修理はサポートに入っている場合には無料で受けられますが、そうでない場合には実費を取られることになります。iPhoneが故障しているかどうかは店舗で判断してもらえますのでまずはお店に行きましょう。

データが壊れてしまった場合には

内部の記憶媒体が故障してしまってデータが破損してしまった場合でも、クラウド上にバックアップしたデータをダウンロードすることで復元が可能です。iPhoneを使っているということはオンライン上のクラウドが必ずありますから、それを使うことでスマホの中に入っていたデータも簡単に復旧できます。復旧方法は手順を踏まなければなりませんが、クラウドにアクセスして任意のデータをダウンロードするだけなので、機械に詳しくない方でも簡単に直せます。特に内部メモリが破損して交換した場合には必ずクラウドからデータ復旧を行う必要がありますから、iPhoneを修理に出してデータを初期化した場合には必ず復旧を行ってから使うようにしましょう。

iPhoneの画面割れが発生した場合も修理業者に依頼すれば、短期間で新品同様に復元することが可能となっています。